about

玄米だけをじっくりと焙煎してつくる、それが「玄米デカフェ」です。
味わいは、コーヒーのような苦味もありますが、香りは芳ばしい玄米。
それでいて玄米茶とも違い、紅茶でもない。

まったく新しい飲みものでありながら、どこか懐かしい味わいのある
日本生まれ、日本らしい【玄米デカフェ】です。


【玄米デカフェってどんなもの?】
私たちの玄米デカフェの味わいは苦味はコーヒーのように感じられますが、
お米のもつ甘さ、香りがあります。

コーヒーは、アラビカ種とロブスタ種の2種類が一般的です。
日本で飲まれているのは主にアラビカ種です。

一方で玄米デカフェは、このロブスタ種の味わいに似ています。
ロブスタ種は主に東南アジアなどでよく飲まれている品種で、苦味と渋みがあり、麦茶のような味わいもあると言われています。

玄米デカフェは、このロブスタ種のコーヒーのようで、だけどお米の甘さと香りを持ちます。

日本生まれの新たな飲み物として​ご提案しています。


【こだわりの製法】
じっくり丁寧に焙煎は進められます。
その日の温度・湿度、そしてお米の状態がすべてが違います。
なので、​毎日の焙煎も少しずつ変わっていきます。


【庄内からお届けします】
日本有数の米どころ、山形県庄内町。
コシヒカリやつや姫や祖先米として有名な「亀の尾」の生まれた町でもあります。

海も山も、田んぼも畑もある自然豊かな環境は、
夏は暑く、冬は寒い、そんな寒暖差の激しい土地でもあります。

それが、美味しい作物を育てる環境にもなっています。

玄米デカフェは、そんな庄内の工房からお届けします。

  • Home
  • About
  • Blog