¥5,000以上のお買い上げで、国内送料無料!! ※沖縄・離島は除く

ABOUT


玄米デカフェが出来るまで
~わたしたちの想い~

米どころ庄内で生まれた、素朴で優しいお米の飲み物「玄米デカフェ」

レシピ作りをスタートしたのは、静まり返った深夜のキッチン。
夜な夜な自前のフライパンで試行錯誤しながら玄米を煎る日々。

商品となり皆様のもとへお届けするまでには、約3年の年月を要しました。

玄米デカフェを通して多くの人に届けたかったもの。
それは忙しい生活を送る現代人にとって何より必要な「くつろぎのひととき」や「やすらぎのきっかけ」
そして焙煎へのこだわり。
それは、とことん追及した「美味しさ」

"ドリップして飲むか?溶かして飲むか?"

これまでの玄米を使った飲み物といえば、微粉末を溶かして飲むのが主流。
美味しいことに変わりはありませんが、溶かして飲む玄米は、口の中に微粉末が残るのが課題でした。

そこでわたしたちが選んだのは
「ドリップして飲むお米の飲み物」

「ドリップ・オン・玄米」を、庄内のアトリエから創り出すために、
玄米はそのまま微粉末にしてもドリップできず(玄米はお米なので、ドリップするときに水を吸ってしまいます)

玄米の芯部の色が褐色に変わるまで焼き切らなければドリップに適さない、
米芯部が褐色さは焦げているわけではない、ただ行き過ぎると焦げてしまうなど
非常に絶妙なタイミングの見極めが必要でした。